格安航空券の歴史

格安航空券は実はそんなに古い歴史はありません。つい最近まで正規料金でしか運行されていないと言うのは意外です。

格安航空券の歴史(国内)

1994年以前 同一路線、同一金額
1994年 航空法改正認可
(届出制で割引券が開始)
1996年 幅運賃制度
上限が20000円~10000円の運賃ができる
(15000円以下は国土交通省の認可が必要)
2000年 改正航空法
事前の届出により自由に運賃設定ができる


これにより割引料金で飛行機を活用できるようになりました。うれしい限りですがその分、どこで購入するかにより飛行機代は大きく違ってきます。

乗る回数が多いければ多いほど見過ごせない金額になります。是非、最安の格安航空券を探し出してみてください。

元々日本の航空券は高い

いまどき正規料金では航空券は買っていられません。というより実は日本は諸外国に比べて航空券が元々高いらしいのです。

その原因は飛行場の着陸料金が他国に比べて非常に高いのが原因だと言うのです。つまり、日本で正規料金で買うことは外国で正規料金で購入するのとは訳が違うのです。

もちろん人件費、燃料もチケット代の一部として入っているのですがこの空港の着陸代も例外なくチケット代の一部としてしっかり含まれているのです。

日本が高いのは土地が高いという理由と開発にも他国に比べて高くつくこともその理由に含まれます。

ただでさえ高い日本の航空券をどれだけ安く購入することができるかが私達の努力すべきところなのです。

クレジットカードも利用しよう

格安航空券もさることながら航空会社によるクレジットカードも活用してお得なたびをすることが出来ます。フライトはもちろんショッピングでもマイルが貯まったりとお得感があります。

日常の生活が航空券を安くすることが出来るのです。飛行機を利用する機会が多いという人は特に持っておきたいクレジットカードです。

格安航空券の様々な利用

格安航空券を利用できる機会は少なく無いと思います。どんな場面で必要なのかを改めて考えてみたいと思います。

意外と飛行機を利用する機会が多いことに改めて気がつきます。多く利用すればその金額も大きく違ってきますので是非、より良い格安航空券を選び抜いてください。

一人旅

格安航空券を利用するのにも一人だと自由な選択が出来るので便利。

新婚旅行

気取らない新婚旅行だってアリ。その分現地で思いっきり思い出をつくれば問題なし

卒業旅行

最後の思い出に格安航空券を利用して楽しい思い出を残そう。安く移動した分、現地ではリッチに・・
団体割引を活用できる場合があります。

家族旅行・帰省

人数が多ければ差額も大きくなります。格安航空券を活用しましょう。
団体割引を活用できる場合があります。

熟年旅行

格安航空券を利用すれば、移動できる距離、回数が違ってきます。

留学・語学勉強

留学は現地での生活もあります。移動は格安航空券を検討してみよう

ビジネス・出張

経費削減の醍醐味です。経費を抑える出張を心がけるには格安航空券があります。
サラリーマン割引制度を活用できる場合があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です